2010年5月3日月曜日

Tom Jacobs 「強力な敵の不安鎮静効果」

Tom Jacobs, 〝The Comforting Notion of an All-Powerful Enemy”(Miller-McCune Online, March 8, 2010)

最新の研究によると、我々は、一般的な不安(generalized anxiety)に対する防衛機制(defense mechanism)として、敵の存在に着目するとともにその敵の力を誇張して上乗せする(=実際よりも強大な存在として描く)ことを通じて不安の鎮静を図る傾向にあることが示されている。 
時に、我々の社会が抱える多くの問題の背後には敵が控えており、しかもその敵はかなり強大な力を備えた存在である、と想定されることがある。「社会問題ならびに不安の源泉としての強力な敵」というモチーフは、多くの人々が抱える一般的な不安が獰猛な敵(ferocious foe)の姿に転化される(=我々が日常的に感じている不安の原因を作っているのはアイツ(=敵)だ、というかたちで、不安の源泉を特定の人物や存在に求める;訳者注)というかたちをとって、現代の政治論争の場で繰り返し語られるテーマの一つとなっている。

感情的なレトリックを駆使する党派的な論客はけたたましく警鐘を鳴らしている。オバマ大統領の現状はというと、審議の過程で骨抜きにされた法案でさえも議会を通過させることに苦慮している状態であるが、先の党派的な論客たちによれば、オバマ大統領はアメリカを社会主義国家に作り変えようとしているらしく、また、反オバマの「The Tea Party」ムーブメントはアメリカ政治において何度も繰り返し生じているような被害妄想的な動きではなく、アメリカ政治の基盤を揺るがしかねないようなおどろおどろしい新現象であるらしい。さらには、今現在、オサマ・ビンラディンはどこぞの洞穴に閉じ込められていて身動きできないようだが、彼が再度もたらすことになるかもしれない脅威を考えると、彼を洞穴に閉じ込めておくために今後も継続して十分多くの労力を傾注する必要があるという。

ある研究グループの一派によると、このように敵の強さ(あるいは力)を誇張して語る我々の傾向は、ある特定の心理的な機能を果たすことになるという。我々の幸福(well-being)は我々のコントロールできない要因に大きく依存しているという事実を受け入れることに比べれば、我々が感じているあらゆる恐怖の原因をある単一の強力な敵のせいにするほうが、まだ気持ち的に楽である。何といっても(我々の幸福を左右しているかもしれないコントロールできない不明瞭な要因とは違って;訳者注)、具体的な存在としての敵は、特定することができる(定義できる)し、分析を加えることもできるし、さらには倒す(克服する)ことだってできるのである。

我々の怒り(や恐怖・不安)の原因を意思を持った強力な敵のせいにすることで怒りや恐怖が和らげられることになる、という発想は、文化人類学者である Ernest Becker が1969年に出版した 『Angel in Armor』 の中ではじめて論じたテーマである。つい最近 Journal of Personality and Social Psychology に掲載された論文 “An Existential Function of Enemyship,” で、Ernest Becker の主張の妥当性が確認されることになった。

カンザス大学に勤める社会心理学者の Daniel Sullivan が率いる研究チームは、先の論文において、人は「我々を取り囲む混沌さ(chaotic environment)というぞっとした事実に直面する(心理的に受け入れる)ことを避けようとして、明確な敵を仕立て上げるように、あるいは、明確な敵を常に設定するように、動機づけられている」ことを示唆する4つの実験結果を報告している。彼ら研究チームの発見に立脚して今日の世界が直面している多くの(経済的な、あるいはそれ以外の)脅威に対する我々の態度を眺めてみると、イデオロギー上の敵対者を強力なモンスターとして描こうとする傾向にも得心がいくようになる。

Sullivanらが実施した実験の1つ―2008年の大統領選挙期間中に実施された実験―では、カンザス大学に通う大学生に対して以下のような質問を行っている。

「あなたが支持する候補者(オバマ or マケイン)の対戦相手は、選挙結果を操作しようとして、電子投票機に手を加えていると思いますか?」 

この「陰謀論」に対して自分なりの考えを語ってもらう前に、被験者の半分に対しては以下のような主張が自分に当てはまるかどうか(以下の主張が正しいと思うかどうか)を質問した。
「私は自分が病気に罹るかどうかをコントロールすることができます(“I have control over whether I am exposed to a disease.” )」/「私は自分の就職機会(思い通りのところに就職できるかどうか、あるいは、ちゃんと就職できるかどうか)をコントロールすることができます(“I have control over how my job prospects fare in the economy.”) 」。
一方、残り半分の被験者に対しては、先の主張と似ているものの重要性の点で劣る以下のような主張についてそれが自分に当てはまるかどうか(以下の主張が正しいと思うかどうか)を評価してもらった。
「私は自分がTVを視聴する時間をコントロールすることができます(“I have control over how much TV I watch.”)」。

実験結果を簡潔にまとめると以下のようであった。人生における重要な出来事(訳者注;病気や就職)に対する自分自身のコントロール能力には限界がある(コントロールの欠如を抱えている)ことを意識させられた被験者(「私は自分が病気に罹るかどうかをコントロールすることができます」etcの正否を尋ねられた被験者)は、先の「陰謀論」に対して「はい」と答える傾向が強かった、つまりは「自分が支持する候補の対戦相手が投票機を操作して選挙不正を働いていることに対してヨリ強い信念を持つ傾向にあった」。

また別の実験では、被験者の(カンザス大学の)大学生に対して2つのエッセイのうちどちらか1つがランダムに割り当てられ、それを読んでもらうように依頼した。1つ目のエッセイでは、アメリカ政府は不況にうまく対処し得る能力を備えていること、法律の運用面における改善の結果として犯罪率が下落傾向にあること、が語られていた。一方、2つ目のエッセイでは、アメリカ政府は不況に対してなす術なくお手上げ状態であること、政府の懸命の努力にもかかわらず犯罪率が上昇傾向にあること、が語られていた。

どちらか一方のエッセイを読んだ後に、被験者たちは、架空の出来事のリストを見せられ、各々の出来事を引き起こしたと考えられる最もあり得そうな原因は何であるかを以下から選択するよう依頼された。
「友達 / 敵 / どちらでもない(=つまりは、その出来事は偶然(ランダムに)生じた)」。

実験結果を簡潔にまとめると以下のようであった。政府は問題に対するコントロールに限界を抱えている(問題に対処する能力に限界を抱えている)ということを意識させられた被験者(2つ目のエッセイを読んだ被験者)は、自らの人生におけるよからぬ出来事(negative events)の原因は敵にあると見なす傾向が強く、対照的に、(政府のおかげで)事がうまく運んでいると意識させられた被験者(1つ目のエッセイを読んだ被験者)は、「敵が自らの人生に対してよからぬ影響を与える程度を軽視する傾向にあった」。

これらの研究結果は、我々が抱える苦しみ(sorrow)の原因として具体的に指摘することのできる誰かあるいは何物かを有することが不思議と心を和ませる効果を持つ可能性を示唆している。また、これらの研究結果は、なぜアメリカ人が事あるごとに標的とすべき外部の敵―ソビエトであったり、ムスリムであったり、中国であったり―を見出すことになるのかを説明する助けともなるだろう。しかしながら、このような幻想(=敵を仕立てあげ、敵の実力を誇張して描く;訳者注)を抱くことに対して社会が明白な対価(犠牲)を支払うことがあるとすれば(訳者注;戦争等のかたちで)、どのようにすれば“enemyship”に対する必要性(あるいは需要)を減じることができるだろうか、という問いもまた重要な問題を提起しているといえよう。

この問い(=「どのようにすれば“enemyship”に対する必要性(あるいは需要)を減じることができるだろうか?」)に対して、SullivanはEメールを介した私とのインタビューで次のように答えている。「社会において生じる危害や自分自身の人生に対して幾分かでもコントロールを及ぼすことができるという感覚を抱くことができるようになれば、他者を敵として(それも実力以上の強力な敵として)仕立てあげる('enermize')必要性は減るだろうと思います」。
「例えば、我々が実施した最初の実験では、自らの人生に対して高いレベルでコントロールを及ぼすことができる状況にあると意識づけられた被験者は外的な危害(external hazards)の原因を敵に求める傾向が弱いという結果になっています。この実験結果を踏まえると、自分の人生に対するヨリ強いコントロールの感覚を抱かせるような何らかの社会的な構造や仕組みを設計することができれば、全般的には、危害を生みだした原因として敵を勝手に仕立てあげたり、危害の原因と想定し得るほどに敵の実力を誇張しようとする必要性あるいは傾向は減ずることになるでしょう(おそらく完全に無くなるということはないでしょうけれど)。」

「また、我々が3番目に実施した実験では、社会システム全般は秩序だっていると意識づけられた被験者は、自らの人生をコントロールする上で何らかの脅威に直面した場合に、敵の実力を誇張することを通じて脅威の原因を敵に求めようとするのではなく、脅威をコントロールする政府の能力に対して高い信頼を置く傾向にありました。この実験結果を踏まえると、先ほどの繰り返しになりますが、自分の人生に対するヨリ強いコントロールの感覚を抱くようになったり、あるいは、ランダムな危害の脅威から我が身を守ってくれるような頼りになる効率的な社会秩序の中に自分が生きていると感じるようになれば、“enemyship”に対する必要性は減ずることになるでしょう。」

「そういうわけですから、市民全体が医療保険を通じて健康面でのリスクから守られていたり、警察による保護に対して強い信頼を抱いているような環境においては、ランダムで差し迫った脅威の源泉としての敵を探し出そうとする傾向は減ずる可能性があるでしょう。」

Sullivan は“enemyship”に対する必要性を減ずるために個人レベルでも可能な対処法としてさらに2つの方法を語っている。「人が生まれつき自らの人生に対するコントロールの感覚や確実性の感覚を欲しているのだとすれば、この欲求が可能な限り社会的に有益なかたちで発露するように誘導してやればいいと思います。多くの人々は、我々が住む不確実な世界を現実に関する何らかのルールや取り決め(engagement)に基づく明確なシステムとして理解しようとして、科学や芸術、宗教等といった分野(以上はほんの一例にすぎませんが)で研鑽を積んでおり、狭い領域ではあるかもしれませんが、その領域に関してはよくよく習熟することができます(それゆえ、その領域に対してはある程度コントロール可能であるとの感覚を抱くことができます)。このような試みが誰も傷つけず、しかも人にコントロールの感覚を抱かせることになるのであれば、このような試みは“enemyship”に対する必要性を減ずることにつながるでしょう。」

「最終的な対処法は、人生における不確実性や個人的なコントロールの限界をそのまま現実として受け入れるよう試みることでしょう。人生に意味を付与するようないくつかのシステム―例えば、道教(Taoism)など―は、この発想、つまりは、人は自らがコントロール可能な範囲に関してある程度の限界を抱えているという事実を最終的には受け入れることができ、また、人はこのコントロールの欠如という事実に対して敵を仕立てあげて自衛に走るだけではなく、ある程度のレベルであればコントロールの欠如という事実に(心を惑わされることなく)慣れ親しむだけの境地に達することができる、との発想に基づいています。」

というわけで、“enemyship”に対する必要性を減ずるために今すぐにでもできることから実践することにしよう。手始めに、MSNBCの視聴時間を減らしてもっと多くの時間を瞑想(meditation)にあてることからはじめてみてはどうだろうか。